« 不覚 | トップページ | 立方体 »

2011/04/29

卑屈!

今回の震災で、福島の原子力発電所がトラブルを起こして今も状態は悪いのであるが・・・

原子力発電というもの、民主党以前より、国策として進めて来たもので、

経済産業省の中に原子力安全・保安院とあるのだが、本来は、原子力を推進するモノと抑制する側、相対するはずのものが、なぜか・・・・同じトコにあって、

ちゃんと機能しているわけは無い!

さらに、計画停電は、「原子力発電所が失われると、電気は足りないのです」と国民にアピールする為にほんとうは必要ないのに行われたと、いう噂。

そんなこんなで、今、ここに行ってみた。

000map 横浜から、片道200キロ以上・・・・静岡県の御前崎付近。

中部電力、浜岡原子力発電所

朝の四時に出発・・・ずっと下道といえば、コレです。

010dscf1231

漏れている微量のアレで、疲れも取れて、いい感じ!

020dscf1238

今日は平成23年4月29日

030dscf1247

そんなに大きいものでは無いです。まあ、この大きさで80万キロワットとか130キロワットの出力を出せるのは、

エネルギー(E) =質量(m)×光速度(c)の2乗

って、物質を消し去って得るエネルギーの大きさを実感させられましたデス。

031dscf1269 でもさ、こういうの・・・これから、何十年も何百年も何千年も、
触れることすらゆるされない(画像は低レベルの放射性廃棄物を収めたドラム缶)
を子々孫々まで負の遺産として残してしまうのは、どうなんだろう?

たぶん、どこの原子力発電所でも同じように、きちんと扱えば、心配無用、安全であるとアピールしているのと思われるが、

現に福島で起こってしまったこと、設備に対する方針や基準が甘かったことが明白であるにも関わらず、浜岡では現在でもこのように説明している。

032dscf1273 地球の歴史に対して、人間の歴史はあまりにも短く、その想定などはなんの意味も無いということなのに、

そして、防災関連は、タイミングよく、機器故障中!

033dscf1271

福島では、自衛隊が真っ先にヘリコプターで水を掛けたのが3号機。これはプルトニウムを燃料にしているため、中性子がいっぱい放出される恐れがあるためで、

浜岡も今後、プルトニウムw燃料にしたものを発電に用いる計画だと。

放射線は、簡単にα、β、γ、中性子と四種類があって

αはヘリウムの原子核で陽子二個と中性子二個(極性はプラス×2)

βは電子で(極性はマイナス1)

γは電波で極性無し

この三つはα>>>>β>>>>γ(質量無し)で持ってるエネルギーも同様の順番であるが、αとβは極性を持っているために、容易に湾曲し(直進性に乏しい)透過力が非常に弱いのである・・・

γに到っては、透過力は強いが電磁波に類するものなので、影響が無いとは言えないが少ない。

モノを通過中でもエネルギーを失わないらしい。

しかし・・中性子は極性が無く直進性が強い上に、αの1/4、βの1600倍くらいだとおもう。

人体に与える影響はとってもデカイのである。

なのに、それをさらっと解説してお終いなのって、

危険性を知らないならまだしも、知ってても言わないのって、悪意があるとしか思えない。

080dscf1294

御前崎の灯台行って、マグロとカツオを買って、自宅に戻る途中に、

カツアゲに会いましたOTL、18キロ、9000円

090poli ここで・・・(w

行きと違う道、静清バイパス(せいしんばいぱす)を通ろうと・・・向った先で、レーダー・・・・さらに、静清バイパス(せいしんばいぱす)は125cc以下は所々、走れず・・・

泣きっ面に蜂状態でした

これは、もしかしたら、国がワタシに対して、意地悪しているのか?

というわけで、朝の4時出発、18時半到着、14時間半を要して、422キロを走破。
残念ながら、平均30キロにもう一息・・・到達出来ませんでした。(休憩とかしすぎだね!)

|

« 不覚 | トップページ | 立方体 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでやんした。
思いのほかスピードがのってしまったのは、中性子を浴びたスクラフィさんの質量が増えたからなんでしょうか。

投稿: ケビン | 2011/04/30 06:35

一日400キロ以上も走るもんじゃないです(汗)
ケツと腰が痛いです(w


核分裂じゃなく、それ以外・・・別のエネルギーが働いて、、、、、、、、、、、9000円、

悔しいです!(w


原発の資料館、腹立たしくも感じた経験でした。

投稿: スクラフィー | 2011/04/30 11:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不覚 | トップページ | 立方体 »