« セオリーと現実 | トップページ | 重い腰は上がるのか? »

2010/11/15

クラッチレバー、ブレーキレバー、操作確認スイッチは違うモノ

ブレーキレバーを握ると、ブレーキが掛かるのと同時にリヤのブレーキランプが点灯します。

P1060986b 右手でブレーキを握って・・・ほんの少し指が掛かっただけで(ほんの少しの遊び以上に操作すると)ランプは点灯します。

***********************

例1、エンジンを始動させるとき、ギヤがニュートラルになっていれば、そのまま。
ギヤがニュートラルでない場合、クラッチを握るとスターターは回ります。

例2、サイドスタンドを収納しないで、ギヤを入れクラッチレバーを放した瞬間、安全装置が働き、エンジンストール

クラッチを握っているか否か、その確認は、

P1060986c

奥まで握りこんで、クラッチを握ったと認識します。

左右で同じに見えるレバー、そのメカニカルな作動ではなく、エレクトリカルな作動、
ブレーキとクラッチとで、その動作と認識の範囲が異なるのです。

ですから、よほど上手い設計で無い限り、スイッチは部品自体で違ってきちゃうんです。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
ずーっと放置(これを貼ってなかったら、圏外だって(w

|

« セオリーと現実 | トップページ | 重い腰は上がるのか? »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セオリーと現実 | トップページ | 重い腰は上がるのか? »