« Lingering summer heat | トップページ | Put in the net and throw it in to the washing machine. »

2010/09/13

Grip

[Grip]=[握り?、もちろん、トロとか好きですが、今回のは、バイクと一体になるため(バイクをホールドするための)・・・いや、バイクをコントロールする為の握り・・・(把握なのか?)]

ずーっとニーグリップは大事だと言われてバイクの教習受けたり、乗ってても、先輩に言われているですよ。

でも、最近、気づきはじめたのですけど、ニーグリップじゃなくて、ヒールグリップじゃないのか?と

もちろん、ニーグリップも重要です。ニーとは、「ひざ=”knee”」のことで、それと同じようにいや、それ以上に重要なのが、「かかと=”heel”」のグリップ、ヒールグリップ

ニーグリップってのは、

Grip03

膝でバイクを挟みこんでホールドしなさい。ハンドルに荷重しちゃだめよ。

でもね。この場所だけじゃ、ホールドするのも大変なのよ。

Grip01 このように、二箇所でホールドすると、より強くホールドすることが可能なの。
まあ、もちろん、ずっとホールドしていると、10分くらいで疲れちゃうから・・適当に力は抜いてね(w
でも、一点留めより二点留めって、二箇所のホールドは強力だぜえ!ってワケよ!

バイクを倒しこむときには、

Grip02 (後ろから見た図、)

ステップの”かかと”とタンクの膝でホールドじゃないです・・・実際には、

スロットルを開くことで、起き上がろうとするバイクを膝とステップで捻るように押さえ込みつつ・・・このときに、上半身はハンドルを持っているだけで、ハンドルに入力(ステアを増したり)しちゃうと、コジることになって、スリップダウンになっちゃうと思うデス。

減速と加速(ブレーキとスロットル)あとは、膝と踵でコントロール

膝を開くので、ニーグリップは出来ません、なので、代わりに、かかとでグリップ
(外側のかかとはそんなに力入れないけどね・・・)

難しいけど、楽しいです。

(でも、この記事・・・数年後には、「馬鹿なやつ、勘違いしているぜ!」ってなっちゃうかも?ですよ)

|

« Lingering summer heat | トップページ | Put in the net and throw it in to the washing machine. »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Lingering summer heat | トップページ | Put in the net and throw it in to the washing machine. »