« ノリック | トップページ | 優先順位 »

2007/10/10

Wilhelm Stekel

昨日、悲しい出来事がありました。

Wilhelm Stekel 「未成熟な人間の特徴は、理想のために高貴な死を選ぼうとする点にある。これに反して成熟した人間の特徴は、理想のために卑小な生を選ぼうとする点にある」

この言葉は、某アニメで知ったのですが、

若い頃は「死」を軽んじ、平気で「死んじゃっても良い」なんて言った自分を知っています。中年のオッサンになった今、「まだ人生を終わらせたくない」と、若いときよりも生に固執していることを感じています。

私の両親は健在で、私には妻と三人の子供が居ます。

両親を看取り、子供が成人し、自分のDNAがさらに次の世代に受け継がれたことを確認した後、成人した三人の子供とその子(孫)らに看取られて逝きたいと思います。

親より先に死ぬことほど親不孝なことは無い!

なんだかやるせない気分で今週を過ごしています。土曜日は一人早朝に「野辺送り」をするつもりです。

|

« ノリック | トップページ | 優先順位 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノリック | トップページ | 優先順位 »