« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007/08/31

今日は何の日?

今日は何の日?

2004/08/31に、原付に乗ってて、二段階右折義務違反で捕まった日。

二段階右折しなくてもいい二輪に乗ってやる。と思った最初の日。

その後、

2005/05/30に普通二輪の免許を取得

2006/06/13に大型二輪の免許を取得

ということで、ある意味、今日の私があるのは、3年前の今日の出来事がキッカケなのです。

| | コメント (0)

2007/08/30

どうして?

Q.バイクに乗るとき、グローブをするのはなぜ?

A.ヒトの手や指は、細かい作業が出来るように高度に進化しています。細かい作業が出来るっていうことは、神経も寄り集まっているんで、怪我をすると、とても痛いんですよ。だから、痛い思いをするのが嫌なので、グローブで守っています。

Q.じゃあ、靴は?

A.足先も、手の指ほどじゃないけど、痛みを感じやすいので、手と同様にしないと、辛いですよ。それと、足のくるぶしって、皮の下にすぐ骨があって、それを削ると、大変なんです。だから、くるぶしまで覆う靴が良いんです。その昔は、くるぶしを削ると、足を切断しなきゃならなかったくらいなんですよ。

Q.ライディングウェアも同様ですか?

A.はい、そのとおりです。

Q.ヘルメットは?

A.あ、ヘルメットは、ちょっと状況が異なります。生まれてから、カレコレ40年以上経過していますが、脳みそはまだまだ、使えてないんです。今後使うことがあるかもしれません、使っていない脳みそを捨てちゃうのは、勿体無いので、ヘルメットで保護して、守っています。フルフェイスを被っているのは、今でも、ヤバい状況の顔ですから、これ以上、進行すると、人の顔とは認め辛い状況になってしまう恐れがあります。だから、これ以上は、まずいっしょ?

Q.結局、バイクに乗るのは、

A.“乗りたい”って思うから乗るだけ、でも、危ない乗り物だよね。

バイクで出かけて、家に帰ってきたとき、「あー今日も生きてた」って思ったりすることあります。好きだから、それで怪我や事故はしちゃ駄目、自分を否定することになる。

| | コメント (0)

2007/08/29

キックがノーリターン

オイラのジョグポシェ。

最近、バッテリー、死に掛かってる。

ま、キックで始動できるから、大して気にしていないわけでした。

昨日の帰り・・・キックしたら、返って来ません(汗)

ちょっと動きが渋くなっているのには気づいていたんですけどね。

ドライブカバー開けて、給脂しました。

こんなに、軽かったのね、キック!(笑)

| | コメント (0)

2007/08/26

AAさんと共に!

 Imgp3050

AAさん、お疲れ様でした。

11:30頃に、自宅に戻ってきました。

早朝は涼しく感じましたが、やっぱ、暑いっすね。

とりあえず、イロイロとお世話になりました&ありがとうございました。

あんな感じで、ただ走るだけですが、

もし、よろしければ、また走りましょう!

| | コメント (1)

2007/08/24

今週末は・・

日曜日は、先だってのルートを走ろうかなっと

A(道志みちー山中湖ー箱根ー西湘バイパス)

B(西湘バイパスー箱根ー山中湖ー道志みち)

どっちにするか迷っています。

ちなみに、出発は朝の5時。空いて居る時間にさーっと走って、

10時を目標に、自宅にもどって、いつもの日曜日(笑)

| | コメント (3)

2007/08/16

12日の逆ルート

朝の5時に出発し、

Imgp2938 12日に走ったルートを逆行してみました

(微妙に違うけど、ご勘弁)

箱根新道のPA(撮影時刻、5:56)

Imgp2952 仙石原湿原。

草ボーボー(笑)

そいえば、夏に来たのは初めて、(撮影時刻、6:35)

Imgp2964 乙女道路の

すすき茶屋

通過するたびに、トイレを借ります。(撮影時刻、6:45)

Imgp2974 廃屋の駐車場。

(詳しくは知らんけど、

建物は風車の形しています)(撮影時刻、7:01)

Imgp2981 明神峠~三国峠の明神峠ですね。

眼下に

富士スピードウェイが

見えるっす。(撮影時刻、7:27)

Imgp2992 パノラマ台。

イイネ!

富士山の雪は・・

有る訳無い・・・って実は真夏でも溶けないトコロが数箇所ある。(写っていません)(撮影時刻、7:37)

Imgp3003 んで、ぐーたん

以前(12日)のとは、

バイクの向きが違う。

サマーキャンプの学生らしき集団がイパーイいました。(撮影時刻、7:49)

Imgp3017 道の駅、どうし。(撮影時刻、8:22)

「本日の暑いですねえ」

同い年のKDX125さん

(隣のCBは無関係ですし、KDXの写真は撮影していません。)

Imgp3024 宮が瀬ダム

 ここは、GS以来。

二年ぶりくらいかな?(撮影時刻、9:12)

Imgp3041 結局ですね・・

あまりんぐ警報が

発令されています(滝汗)(撮影時刻、10:34)

| | コメント (0)

2007/08/12

GOUT TEMPS

津久井から、道志みちを走って、山中湖直前に、GOUT TEMPS(ぐーたん)というお店があるのをご存知?

Imgp2917 外観は、

カコイイ

(ピンボケ写真でスマヌ) Imgp2931

あちらこちらにユニオンジャックがあるんで、

きっとブリティッシュカフェ(普通のカフェとは何処が違うのか知らんが)

なのでしょう。

ちなみに、撮影したのは、2007/08/12 AM6:30

はい、お店開いていません。(笑)

ちなみに、朝五時に家を出て、保土ヶ谷バイパスーR246で厚木へ

厚木からR412-R413(道志みち)で山中湖

山中湖からR138-乙女ーR1で箱根湯本

箱根湯本から西湘バイパスーR1と走って

全行程、約200キロ、

自宅には、10:00に戻って来れました。

「今日の暑いですねえ」 

乙女道路の黄色いモタードさん

西湘バイパス上りPAでの椿帰りの走り屋さん(二人、CBR600ともう一台は不明)

| | コメント (3)

2007/08/11

ローソン横須賀長沢店

「暑いですねえ!」

ここ数週、バイク乗りの合言葉かも?

今日は、お昼頃から三浦半島をぐるーっと回ってきました。

ローソン横須賀長沢店で休憩。

埼玉のどこだったかのナンバー(埼玉から来たってことだけ覚えている)

のCB400に乗ったお兄さん(とりあえず、私より年上)

とも、最初は「暑いですねえ!」だった。

万に一つ以下の確率だと思いますけど・・

(たぶん、気づくことは無いというか、ネット環境にあるのかも知らないし、オイラがブログを書いているってことも言ってないし・・・)

オイラ、「お喋り」なんで・・時間を無駄にしちゃってスミマセンでした。

ということで、2007/8/11の午後2時~3時の間で、

三浦海岸近くのローソン(横須賀長沢店)でZZ-R1100に乗ったお喋りなヤツは私です。

「今日の暑いですねえ」

埼玉ナンバーのCB400SFさん

| | コメント (0)

2007/08/10

任意保険

8/7に任意保険の支払いをしました。

3年目、¥21450ー

これは、オイラの小遣いでの支払いなんです。(号泣)

まあ、趣味で乗っているもので、最悪の事態に陥って、家族を路頭に迷わすわけにも行かないんでね。

はあ・・・コレがあれば、何か買えたのに・・・・

まだ、今年は車検が無いので、マシなほう

| | コメント (0)

不思議?

毎日、原チャリで通勤していると、不思議な光景に出会う。

朝に一台、帰りは別の一台であるが、

なぜか、バックミラーを畳んだまま、走っている。

二台とも、車種は異なるが、スクーターである。(250ccクラスの枠無しナンバー)

ハンドルに付いたミラーではなく、カウルにビルトインされたミラーであるから、クルマのように畳める構造のようだ。

それでいて、車線変更の際には、左右をキチっと確認している。

なぜだろう?なんのために、って、ミラーの存在に気づいていないのか?(んなわけないと思うが・・)

こんど、直接、問うてみたいのだが、噛みつかれるんじゃないかと?・・・・・ちと怖い。

昨日なんだが、原付に乗って、ヘルメットは工事用のやつみたいなのをかぶってて、ナンバーが付いていなかった。

60歳くらいのおっちゃんが、ゆーっくりと(30キロ以下)走ってた。

これも、どうしたのか?問うてみたい!!

| | コメント (0)

2007/08/08

一万キロ突破

オイラのジョグポシェ、Imgp1238_2 

一昨日、給油した際に、中古で購入してからの走行距離が一万キロを突破いたしました。

元々、走行距離が9206.7kmだったのが、

給油時で、9224.4(一万キロ台の数字は無い)になりまして、

10017.7キロで、給油量は378.19L、平均燃費は、26.48km/L

一年でイロイロありました。

スピードメーターケーブルが切れたこともりますし、焼き付き二回で、トータル20キロ近くも押しています、そのせいでシリンダ交換も数回・・アクセルワイヤーが切れて走行できなくなったこともあるし、マフラーが詰まってパワーダウンしちゃったり、

今は、オークションで落札した3YJのピストンとシリンダーが入っています。

意味もなく、東京湾を一周したこともありますし(走行距離200キロ)、福生にまで行ったり(ウケ狙いで走行130キロ)、二日連続で幕張までも・・(二日で330キロ)

2006年の7月23日に納車で、24日に登録、

一年と二週間で、一万キロ(走りすぎか)

| | コメント (2)

ヘルメット

ヘルメットを買い換えようかと・・・

今使っているのは、http://www.ogkhelmet.com/motorcycle/fullface/ff-r2/index.html

OGKのFF-RⅡのシルバー

選んだ理由は、ラフローで安かったから(笑)

脳みその価格(購入価格)は、1万円くらいでした。

もうすぐ、2年になるっす

GSXに乗ってた頃は、ま、出しても、ぬうわkmくらいだったので、風きり音もたいしたこと無かったんですけどね。

今のZZ-Rじゃ、普通に走って、ぬえわkmとか、気が向くとふわわkmを越しちゃうんで、

風きり音が凄いんですよ、それに、ヘルメットが風で、揺れるし、

んで、今度は、http://www.ogkhelmet.com/motorcycle/fullface/ff-5/index.html

FF-5にしようかな?って考えています。

風きり音と高速域でのヘルメットゆらゆらって改善されているんだろうか?

てか、なぜに、OGK?(自問)

アライやショウエイは選択肢にないのか?

だれか、風きり音が軽減されているってお薦めのヘルメット教えてタモレ!

| | コメント (0)

2007/08/07

目指せ最高燃費!

オイラのジョグポシェ、

イロイロ有ったわけですが(過去記事参照してください)

今のテーマは、燃費向上

へんな燃費グッズなんて、効果あるわけないし

一番費用の掛からない、運転方法を丁寧にして・・どーにかならんものか・・

昨日給油して、103.2kmで、3.35L=平均燃費(30.8KM/L)

カタログ燃費は、48km/L(30キロ定地走行)

まだ、64%か・・・・

カタログの30キロ定地走行と比較するなんてナンセンスと思っている方も居るとおもいますが、私は、あえて(無理を承知で)カタログ値と比較しています。

って言っても、加速も登り坂も無いデータと勝負ってのも無理なんで、

目標は、75%(48*0.75)で36km/Lに・・・(滝汗)

ちなみに、二種化しているんで、全開走行も可能なんですが、

それで、最高速が何キロって、、誰でもやるだろうなと思ったんですよ。

二種化してて速度の縛りが無いのに、あえて、燃費にこだわる。。。(笑)

| | コメント (0)

2007/08/06

お互い・・

昨日は・・・猛暑の中、宮が瀬に行ってきました。

少しでも、涼しいところに行きたかった。(エアコンの効いた部屋で寝てたほうがマシか?)

R246を通って、伊勢原市役所のとこから、清川村ー宮が瀬に行くコース。

途中、「分れ道の交差点」の前で、ZX-9Rと平行して

ZX-9RとオイラのZZ-Rは、たぶん、同じような年式で、10年くらい経過しているバイク

そのライダーのお兄さんと、信号待ちで、言葉を交わす、

「暑いっすね~!」

「お互い、馬鹿ですね~!」

「じゃあ、気をつけて」

分かれ道で、彼は右へ、私は左へ、、、、ちょっと良い気分。

| | コメント (0)

2007/08/05

押しがけ

エンジンは混合気に火をつけ、爆発させることで、ピストンを押し下げ、

その押し下げられた力によって、クランクシャフトを回し、

クラッチ→ミッション→チェーン→リヤタイヤへと伝わって

走ることが出来ます。

その動力の始まりは、クランクを回し、ピストンを押し上げ、、混合気を圧縮させた状態まで持って行く必要があるわけです。

圧縮させるのに、外部から動力を加えることで、エンジンは始動出来るんですね。。

一旦、始動してしまえば、一回の爆発で、次の圧縮が出来るくらいの動力を生み出せれば、ずーと回転し続ける(燃料があれば)わけです。

で、回転し続けられないと、エンジンストールしちゃうわけです。

最初の圧縮の為の動力を何で得るか?

現在、一般的なのが、セルフスターターモーターによるもの

だいぶ少なくなりましたが、キックペダルを踏む。

押しがけは、バイクを押して、タイヤを回し、その回転を、

動力伝達の逆をさかのぼらせ、クラッチを介して、エンジンを始動するものです。

以前、

バイク暦10年以上なのに、押しがけの理屈がわからんっていう

メカオンチさんに出会っってびっくりしちゃったことがあるんで・・・、書いたっす。

(バイク歴は、知識に関係ないかもしれませんけど・・)

んで、押しがけの方法。

1、キーをオンの位置にしてね。

2、クラッチを握り、ギヤを2か、3速にしましょう。

3、そのまま、思いっきり前に押します(クラッチを切ったまま)

4、ある程度の速度になったら、クラッチを繋ぎます。

5、タイヤの回転が、駆動系統をさかのぼり、エンジンが回り始めます。

6、エンジンに火が入って始動するはずです。

7、即座にクラッチを切ってください。

8、エンジン・ストールさせないようにアクセルを煽ってください。

注意、危なくないように周囲を確認してください。失敗してバイクが飛んでっても、コケても、オイラに責を求めないでください。

| | コメント (0)

カスタム・メンテナンス・ブック

Imgp2907  コレ買ってみた。

価格は、4000円也。

感想は・・・

イマイチ。

Imgp2912 キャッチーな

整備マニュアルを期待してたんだけど、

雑誌の域を出ていないというか、、、、

まあ、写真付きで、判りやすくとか、

ウイークポイントは、何・・・ってイロイロと掲載しているのは、

ま、良しとして、、、、、

カスタムは要らん!!!

ま、オイル交換を自分でやってみようかな・・・・・

整備のスキル:乗るだけ~整備はお任せ

つまり、サービスマニュアルを読めない人

って人には、良いかもね。

サービスマニュアルを読める人(意味が判る人)は、不要だと思う。

| | コメント (0)

2007/08/02

オーバーヒート

はじめに言っておきますが、オイラのZZ-Rがオーバーヒートしたわけじゃないっす。

それと、以下は、素人の勝手な解釈で書いた文章ですから、間違っている可能性高いです。

オーバーヒート?

「ZZ-R1100は、オーバーヒートが心配」、などということを小耳に挟んだ。

この夏にアチコチ走った感想から想像すると、冷却ファンが回る、回る、すぐ回るのである。(汗)

正直言えば、{電動ファンが回る}={冷却が間に合っていない?}と容易に連想されるわけだ。

精神的には、よろしくない、ファンが回ると、ライダーはその熱気をモロに浴びるので、暑さを体感することで、更に心配が増すって訳だ。

しかし、電動ファンが回るのは当たり前だ、1052ccのエンジンがフルカウルの中に納まっていて、放射や対流による放熱はあまり期待できない。通常は、電動ファンが回っているわけではなく、走行風だけで冷やしているのだから、ちょっとした渋滞などで、走行風が乏しくなれば、エンジンの発生する熱量はラジエターの放熱量を簡単に超えるであろう。経験上、夏場の信号待ちでは、必ずと言って良いほど、冷却ファンが回るのである。

しかし、時速80キロ程度で、高速道路を巡航すれば、発生熱量と冷却能力のバランスは、冷却のほうが大きくなるようで、見る見るうちに、水温は低下していく。

ファンが回る=オーバーヒート寸前?という間違った印象を感じているライダーって結構多いのではないか?

たしかに、ライダーはファンによる熱気を直に感じるので、その印象も理解出来ないわけではないが、

水温計が振り切れる寸前になれば、ヤバイって感じるでしょうね。

水温計の針が振り切れる寸前を指しているとき、水温は何度なんでしょうか?

それ、知らないで、(調べもしないで)、ヤバイ!、って大騒ぎしてませんか?

対処法として、ファンを強制的に回すスイッチを増設し、水温が(標準で電動ファンが回る温度より)低い時点で、ファンを回すようにすれば、精神的には、安心って訳です。

で、なぜに、メーカーはそういう仕様(温度があまり高くないうちからファンを回す)にしないのでしょうか?

冷却ファンの作動はラジエターの出口側の水温を計測し、ある温度以上(100℃~110℃)に到達してからファンを回しています。

ラジエターに冷却水を回す、回さないのサーモスタットは、ラジエターの入口にあり、水温計のセンサーもほぼ同じ位置にあります。(先述のとおり、ファンスイッチはラジエターの出口にありますので、水温計の表示とファンの作動は完全にリンクしているわけではありません)

理由は簡単です、バッテリーに負担を掛けたくないのです。

放熱というのは、「熱をほかのものに伝える」ということ、

「熱抵抗=1/熱の伝わりやすさ」、として

温度差/熱抵抗=熱輸送量

熱抵抗は、基本的には一定であります。(周囲温度に影響されない)

温度差(冷却水の温度―空気の気温)が大きいほど、熱輸送量は多くなる。

お世辞にも容量が大きいとは言えない発電機とバッテリー、その乏しい電力を使って放熱させるのであれば、出来るだけ放熱効率が高い状態で行いたい。

そすれば、ファンを回している時間(電力)が節約できるわけです。

要するに、「水温がヤバいと感じるくらいに上昇したときほど大気との温度差が大きいので、熱輸送量が増える、すなわち放熱効率は高くなる。」

んでさ、たとえば、F1のように、究極になると、冷却も究極で、冷却水圧力がすっごい高いの、圧力が高いから、沸騰しにくくなり、冷却水の温度を高くすることが可能になる。冷却水の温度が高いから放熱効率も上がる。放熱効率が高いってことは、必要な冷却水の量も少なく済むってわけだ。

で、「オーバーヒートでエンジンストールしちゃった」それって、確かに、オーバーヒートなんだけど、

「熱膨張でエンジン内部の各所のクリアランスが小さくなって、カジった」なんて、重症になっているわけではなく、キャブレターのフロート室のガソリンがパーコレーション(沸騰)しちゃって、なんてったって、ガソリンは常温でも揮発する液体で、「30℃~200℃」の沸点(いろいろな炭素化合物の混合液ですから沸点の温度も様々)です。

沸騰すると、油面はめちゃめちゃ、フロートは押し上げられて、燃料は補充されないから、さらに高温に・・

って、悪循環の結果だと思うっす。

エンジンストールした後、しばらく放置して冷えたら再始動できたってのは、キャブレターのパーコレーションが原因だと思うのね。その状況で、キャブの辺りがいつもよりガソリン臭いんじゃないかな?

確認してくだされ。

ちなみに、キャブのパーコレーションは、キャブレターが過熱しているのよん。

だから、それは、それで、やっぱり、オーバーヒート

ってどすか?

対処方法は・・・・・どうしようか?(笑)

8/5追記。

上で、「冷却水圧力は高いほうが効率が良い」って書いてありますが、

1ccの水の温度が1度上昇するのに必要な熱量は1cal(カロリー)ですが、

1ccの水が沸騰するのに必要な熱量は、53.9cal(カロリー)なんですね。

だから、部分的に、沸騰させる(サブクール沸騰)って技術もあるっす。

ただ、気泡をすぐに消滅させないと、バーンアウトしちゃうから、冷却水の流速を速くしないと、駄目ですが・・・・

つまり、非常に高温になる箇所では瞬間的に沸騰させ、熱を多く奪う。あまり高温で無い箇所にすばやく移動させ、そこで、水にもどし(水蒸気から、冷却水に熱を移す)放熱させる・・・??

8/6追記、

オーバーヒート云々言う前に、ラジエターキャップを開けて、冷却水の色を見てみましょう、リザーバータンクの冷却水の量も確認、ラジエターキャップ~リザーバータンクのホースも亀裂とか無いか、確認。

これらをキチっと行っていますか?そすれば、心配事って減ると思うんですが???、

オイルの量もしっかりと、確認してくださいね。

空冷は、冷却の大部分をオイルに依存しているので特に重要です。

「冷却水の量ってどこで調べるの?」って人は、、、、

オーバーヒート、さぞかし心配でしょうね(笑)

8/6 22:23分 追記。

オーバーヒートを防止する為に、「サーモスタットを取っちゃった」ってのは、昔の話ですが、サーモスタットの作動って、みなさん勘違いしている人が多いんで、、、、

冷間時はもちろん閉じていますが、暖機が完了したら、開きっぱなしではありません。

ZZ-R1100の場合、開き始めは、80~84℃、全開は95℃なんです。

多少のヒステレシス分があるでしょうけど、夏場でも、高速道路を6速で回転を抑えてのーんびり走れば、水温は80℃を下回ることもあるわけです。

(暑いとはいえ、40度もありませんからね)

その場合、サーモスタットは閉じ、ラジエターへの流路を塞いでいます。

ニーグリップをしていると、ラジエターを通過した空気が、カウルのアウトレットダクトから膝に当たると思いますが、その熱気の差を感じませんか?

水温計のほんの少しの針の動きと熱気が同調しているはずです。

水温計の指針が低い位置で止まって(止っているように見える)いるとき、ほんの少し、針が高い側に動くと、サーモが開き、ラジエターに、流れ始めます。その瞬間、足に熱気を感じるはず、そして、しばらくすると、水温が下がって(サーモが閉じる温度以下になると、)サーモが閉じ、ラジエターに冷却水が回らなくなります。

コレの繰り返しをしているはずです。

| | コメント (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »