« ヤマハ・ジョグ・ポシェ・イジリ。 | トップページ | ヤマハ・ジョグ・ポシェ・イジリ3 »

2007/07/23

ヤマハ・ジョグ・ポシェ・イジリ2

  続き、行きます。

Dscf0031シリンダを外すには、

この4つのナットを

外しましょう。

Dscf0032 ハイ、外れました、ね。

Dscf0033 やさしく、ヘッドを抜きます。

ヘッドガスケット(薄いアルミの板?)

の扱いには、注意してね。

(再使用はご法度ですが、、、、可能です。)

Dscf0034

 ピストンの頭が見えてきました。

ガスケットがどっちにへばりついているか、

確認しつつ、損傷させないように・・(笑)

Dscf0037 そいで・・・・・

シリンダーを引っ張って・・

冷却ファンを手で回して、

ピストンを下死点位置にしつつ・・引っ張ると・・

フレームが邪魔で、抜けません(笑)

あ、そうそう、シリンダーとクランクケースの隙間にも、ガスケットがありますよ。

破れたりしてなけりゃ、そのまま、触るな(笑)

Dscf0038 シリンダを抜くには・・・スタンドを降ろして、

フレームに体重をかけて、

エンジン自体の向きを地面に平行になる方向へ・・・

Dscf0039 フレームとエンジンの

クリアランスを大きくしたところで、

抜きます。

(スタッドボルトを曲げるなよ!)

Dscf0040

はい、抜けました。

Dscf0042 

そしたら、すぐに、ピストンを上死点にして、

クランクケースの穴にウエスを突っ込みます。

(クランクケース内になにか落ちたら、エライこってす。腰下をバラすことになります)

Dscf0045 んで、ピストンピンのサークリップをラジペンで外して・・

(これ、スプリングみたいに、ピヨーンと飛ぶことあります。

それがクランクケースに入ったら・・・

泣いてください。

Dscf0046

片方のサークリップを外して、

反対側から、割り箸とか鉛筆で押せば、

抜けてきます。

パートⅡは、ココまで、続きは明日

|

« ヤマハ・ジョグ・ポシェ・イジリ。 | トップページ | ヤマハ・ジョグ・ポシェ・イジリ3 »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

写真の画質が綺麗。全体の流れとして見やすいし、画像大きく出来るのがいいね。

投稿: 北斗の拳 | 2011/12/13 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤマハ・ジョグ・ポシェ・イジリ。 | トップページ | ヤマハ・ジョグ・ポシェ・イジリ3 »