« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007/06/30

ジョグポシェ シリンダ&ピストン交換。

もう、数ヶ月前のことなんですけど、

0031 ピストンピンの

サークリップが

ハズレて

傷だらけ・・・orz

走行中に焼きついて、

って言うか、シリンダーとピストンの隙間にサークリップが引っかかって

エンジン・ロック(笑)

家まで押して帰りました(距離13キロ)

てか、3万の原チャ、捨てちゃえよ!(笑)

0030

イマドキは、

海外のコピー品が

イロイロと

0032a_1 出回っていますので、

通販でも、ヤフオクでも、

簡単に安く、

入手できます。

オイラは6500円で購入。(シリンダ&ピストンセット)

0029_1 交換方法は、

詳しく書きません。

以下のキーワードで検索して調べてください。

割りばし、サークリップ、ピストンピン、センター出し

イロイロと詳しく書いてあると思います。

だから、私が書く必要性は無い。

| | コメント (2)

2007/06/29

富士山とバイク。

有る意味、オイラは富士山マニア。

981_1

2006年の初春、

GSX-R250、

初めて、

パノラマ台に行ったとき。

Fuji001_1この写真は、

今年の春に

ZZ-Rで行ったときの画像。

Fuji005

これは、今年の5月だったかな?

曇りで、

富士山が見えず。

Fuji006

Fuji004

この二枚は、

ほんの2週間ほど前の画像で、すっごい

良い天気だったんですけど、

左の画像は、木が邪魔・・orz

Fuji002

 今年の四月、

乙女道路の廃墟

Fuji003

これは今年のGW中、

静岡、大崩海岸。

  Fuji007

これは、6/24の富士山。。

新五合目に登ったとき、

0047_1 以前にもアップしている画像です、

由比ー興津間、さった峠の富士山。

撮影は、今年の二月です。

| | コメント (0)

2007/06/28

シールド、水滴ハジキ

C4 ヘルメットシールド用Siv

「ミラーの水滴付着を防ぐ」カー用品として、何年か前より販売されていたものSiv

そのシリーズのバイクのヘルメットシールド用が、一年位前?から販売されてたのは、知ってました。

先週、金曜日の帰りに、雨が降ってきて(それも、視界を妨げる、霧雨)

立ち寄ったホームセンターで購入してみました。

「これほど、効果あるとは・・」

全く、水滴がシールドに付着しません。途中、雨が強くなっても、全然変わりなく。

バイクの小物入れに常備しておこうと思いました。

触ると剥げちゃうので、長期の耐久性は期待できませんから、雨が降ってきたら休憩がてらに塗布するのが良いでしょう。それに、塗布後、すぐに乾きます。

家に帰って、晴れの日、ヘルメットは、原チャのメットインへ入れていますが、

雨の日は、乾かすために家の玄関の置くようにしています。

数時間後、「おー、父ちゃん、このヘルメット、ガコガコ動くな」と、

坊主が手でシールドを上げ下げ・・・・

シールドに塗布したやつは、触ると剥げちゃうというのにorz

| | コメント (0)

2007/06/26

お気に入りの写真3

横浜の大桟橋の根元にある、お店(Tシャツ屋さん?)

BLUE・BLUE・YOKOHAMA

Blueblue001これは、

トップ画像です。

Blueblue002

お店の

真正面の

画像。

Blueblue003

角度を

変えて、

こんな感じ

Blueblue005

店の前を通った奥からは、

みなとみらいの

夜景が見れます。

Blueblue004_1

画像右の車両立ち入り禁止と

柵が邪魔なんですが、

これ、人力では移動できません。

深夜に、この画像を撮影しに、行きました。

オッサンが一人で・・・周りには、仲良しな二人組みがワンサカ(笑)

白い目を気にせず、撮影。

(気にならなくなったのは、歳のせいか?)

| | コメント (0)

2007/06/25

ラム圧、考察、その2

Pv=(ρ×V^2)/2 (Pa)

Pv:速度圧(Pa)

ρ:空気密度(kg/m3)”20℃,大気圧の空気ρ=1.2”

V:風速(m/s)

でございます。

たとえば、時速240KMの場合、秒速では、約67mですから、

気温20℃とすれば、

Pv=(1.2×67×67)/2 パスカルになります。

ちなみに、1気圧は、約1013ヘクトパスカル=101300パスカル

2693.4パスカル・・・・2693.4/101300=

つまり、約0.0266過給されます。

あとは、冷たい空気を吸えるというのもメリットかもね。

それでも、無いよりはマシというべきか、

あれ?身体では、あんなに力を感じるのに、圧力を計算すると、ずいぶん小さいのね

| | コメント (0)

2007/06/24

お気に入りの写真2

0044 パート2です。

こうやって見てみると、

富士山マニアだよね。

オイラ。(笑)

0043a

0046

0047 

0048

00500049

以上、

静岡県、

由比ー興津のさった峠

オマケで、由比宿本陣000085

次のお気に入り写真は、

富士山特集にでもしようかな?

| | コメント (0)

2007/06/23

お気に入りの写真

バイクに乗り始めてから、ハマっているのが、

景色のいいところを背景に、バイクの写真を撮影すること。

(景色のいい所だけではなく、証拠写真も含まれます。)

とりあえず、パート1です。

0026  

ZZ-R1100で

犬吠埼

0027 同じく、

ZZ-R1100で

銚子電鉄、

犬吠駅0039

アクアラインを

背景に原チャリを撮影

0065 ZZ-R1100で

国境まで行ってみた。

この黄色い線の向こうはアメリカ(ノースドック)です。

0100

ベイブリッジ(こんどは、夜景も撮りに行こう)

| | コメント (0)

燃費

燃費計測していますか?

給油の際にトリップメーターの値を給油量とともに、携帯電話のメモ帳に記入しています。

満タン方ですから、まあ、小数点以下の燃費(KM/L)は正確ではないですが、

もちろん、混雑具合や走り方、走るコースによっても大きく変わりますが、

毎回、別のコースを走るわけじゃないと思います。

ツーリングでは、お気に入りのコースがあるでしょうし、

通勤ルートはいつも同じ道路を同じ時間に、通ると思います。

そうやって、積み重ねたデータが増えれば、増えるほど、

そのデータの重要性が高まると思うのです。

で!何のため?と問われれば、バイクの調子の

バロメーターになると思っているからです。

同じようなルートを通れば、同じような燃費の数値になるわけです。

で、大きな差を生じた時や、日に日に悪化していくとか・・

なんらかの不具合がバイクに発生しつつあるってことなんですね。

タイヤのエア圧だったり、チェーンの劣化、エアクリの詰り等々。いろいろと考えられるわけですが、

それらの状態がハッキリ判るわけではないですけどね。

もうすぐメンテをしなきゃ、、、って思うキッカケにはなります。

| | コメント (0)

2007/06/21

ジョグポシェ

今日の夕方、仕事の帰り道、

始動してみたら、ジョグポシェの排気音がおかしかった、

なんだか思いっきりの排気漏れ、

すぐに普通の音に戻ったので、そのまま、帰途へ

自宅に戻り、エキゾーストを見てみれば・・・・

エキゾーストとシリンダー(2STですから、ヘッドじゃなく、エキゾーストはシリンダから生えています)の接合部のボルトが二本共、無くなっていました。

俺が何したって言うの?orz

てか、なぜ、脱落するかな?普通しないよね。

代替ボルトを付けて、作業完了。

そいえば、2月にNAPSでタイヤ交換して、

(スクーターはタイヤ交換の際にマフラーが邪魔です、取り外します。)

それから増し締めとか確認してなかった・・・・

バイク用品店の作業なんだから、そのくらいのギャグは、有りでしょう(笑)

6/23、マフラーを一旦外して様子を見てみました。

ガスケット(台湾製のマフラーの付属品)が痩せて、ボルトが緩んだのか?

と考えて、確認したんですが、別に、痩せてる様子はありません、

(締め込んでいますから、多少、押し潰されていますけど)

で、たぶん、NAPSのメカの締めが甘かったんだと思います。

| | コメント (0)

東京湾ツー(東京湾一周)

Mk_map東京湾をさ、こういう風に、一周回ろうって思ったのね、

二月にGSXで行って以来ですから、9ヶ月振りですね。

なんだか、好きなのね(って、何度も行けるわけじゃないけど)

アクアラインを通れば、早く行けるんだけどさ・・・

千葉でどうするよ?ってなりそうな予感もするし(笑)

それより、下道をのんびりとバイクに乗るのって、イイネ!

Imgp1120 自宅出発は、たぶん5:30過ぎ、

ノーマルとはいえ、排気音で迷惑だとおもうので、

騒音が気にならない通りまで、坂道を下っていきます。

撮影時刻、05:48、朝早いこともあって、結構寒い、

ちょっと走ったトコのコンビニでタバコを吸い、缶コーヒーを飲む

まだ、夜が明けていないので、暗いです。

R15を走り大森から東京湾第二トンネルを抜けお台場へ、

Imgp1123_1撮影時刻、7:08

葛西付近のコンビニ、

日が差してきました。

それでも、

ちょっと

寒いっす。

Imgp1126撮影時刻、8:25

R357を通って、R14と走り、

蘇我付近のガソリンスタンド 

ガソリンスタンドで給油、

スタンド店内で休憩、

缶コーヒーも飲む。

Imgp1134_1撮影時刻、9:19

アクアラインの撮影ポイント

良い天気になってよかったね。

ココへは、R16をひた走り、

袖ヶ浦駅の標識を見て、

しかし、この場所にたどり着くまで、

前回と同じように迷う。(汗)

撮影終了後に、R16へ戻る。

途中、木更津市内のコンビニに立ち寄り、休憩。

今度は、R16と産業道路を使って、富津岬を目指す。

Imgp1146_1撮影時刻、10:29、

富津岬ま

での道路は、

マジに気持ちいいです。

ただ、

おまーりさんには気をつけてImgp1151

撮影時刻11:13

今回は、

内房線唯一の無人駅(竹岡)

に寄ってみた。

無人駅だから、何もない(笑い)

駅前に商店らしきものがあるけど、

開く気配なし、

もしかしたら、自動販売機オンリーなのかもしれない。

Imgp1157_1撮影時刻、11:28

金谷の

フェリー乗り場

久里浜と比べると、ちと小さいけど、

向かいになにやら

大きなお店があるっす。

Imgp1159撮影時刻11:33

フェリー内では、

揺れによる転倒防止の為

二輪車は、壁にモタれ掛かるようにしますので、

一度に輸送できる台数が18台と少ないんです。

750CC以上の二輪車、¥1840-

Imgp1167_2

撮影時刻、12:28

どんぶらこっこと海を渡り、

ペリー提督の記念碑

あと少しで自宅だよん。

自宅に戻ったのは、13:30頃

所要時間8時間で約200キロ。

(休憩時間1時間半+フェリー待合&乗船時間1時間を含む)

東京湾第二トンネルは、通行できる時間が決まっています。

たしか、朝6時から通行OKのはず。

 

| | コメント (0)

2007/06/20

慣熟走行2

一応、平地で2~300キロ走行して問題は発生しなかった。

そうすると、今度は、ある程度標高のあるところでどうなるか検証しようと思った。

定番ですが、箱根に行ってみました(箱根峠でも標高は900メートル未満ですけどね)

Imgp1091 西湘バイパスは

夜明け前。

ここは、いつ走っても

気持ち良いですね。

箱根新道

を登り、

芦ノ湖畔へ

海賊船も、まだ夢の中、

人が居ないからここまで近づけますけど、

お昼になったら、ここも人が

いっぱいになるんでしょうね。

Imgp1102 旧街道を下っている

途中に・・この標識

こんどのバイクは、

大手を振って、

何時でも通れます。(笑い)

Imgp1104 旧街道資料館

の前ですが、

時間が早すぎて、

まだ開いていません

Imgp1106 次の日は、

幸浦に行って、

イロイロと

バイクの乗り方を試してみる。

これからずっと乗り続ける為に、

試さないとマズイでしょ?

(一般公道でして、道交法に抵触するかもしれないので、内容は内緒)

Dscf0002 しかし・・タイヤ

(どこまで使っているか、

判りやすいように、あえて、

タイヤの清掃は行っていません)、

このヘタレ具合が悲しいです(汗)

重い、パワー有り過ぎ、で、怖くて寝かせられません。

嬉しいかも?

かなり

Imgp1099

| | コメント (0)

2007/06/19

ラム圧

キャブレターの理屈ってのは、ベルヌイの定理。(気体の流速が速まると圧力が低下する)これって、非常に判りにくいわけですね、簡単に言えば、エネルギー保存の法則なんです。たとえば、ビー玉を上から下に転がすと、上にあったときの位置エネルギーが、速度エネルギーに変換され、下に転がるに従い、速度エネルギーが大きくなり、代わりに、位置エネルギーが小さくなる。位置エネルギーを圧力(これもエネルギーね)とすれば、気体が運動エネルギーを得ると、圧力エネルギーが低下する。そんでもって、圧力が低下することで、キャブレターは燃料を吸出し、混合気になるわけです。そのときの混合比は、空気14.7:燃料1ってのが良いといわれています(理論空燃比)エンジンの出力を向上させるということは、燃料の持つエネルギーを変換して動力に変えるわけで、その熱効率は、大体32%程度で、どんなエンジンも同じようなものです。ですから、出力を大きくさせるには、一定時間当たりにより多くの燃料を燃やすことになるのです。ですから、混合気を多く燃やす=排気量を大きくする。バイクでは、あまり大きなエンジンは、重すぎて、扱い辛い、同じ排気量のエンジンで比較した場合に、他社製品よりも高出力であること、メーカーとして自社の技術力をユーザーにアピールし、製品価値を誇示するのに良いネタなわけです。また、クルマのエンジンで完成の域にある、ターボチャージャーやスーパーチャージャー等、過給機構を用いると、混合気を1気圧をはるかに超えた圧力で、シリンダー内に押し込めるので、飛躍的に出力が増大するわけですが、その補機の配置などで、設計が複雑になりすぎるのか?トルク特性がバイクに合わないのか?コスト的に合わないのか?・・・理由は判りませんが、20年ほど前に各メーカーから数車販売されただけで、今日ではほとんど作られていません。それらの過給器ほど飛躍的ではないにしろ、多少なりとも効果が期待出来るのが、走行風による過給「ラムエア過給」なのである。ターボやスーパーチャージャーが、その過給圧を0.5とか0.7程度とし、出力が1.5~1.7倍も増加するのに対し、ラム圧過給では、5%程度とされている。でも、他社の車両より1馬力でも高出力なら高性能ってイメージは湧きますので、藁をも掴む気持ちなんでしょうね。あとは、冷たい、フレッシュエアを吸い込めるのもメリットかも知れませんね。

312t古いF1では、こんなのがあったです。

この巨大さであれば、さぞかし、

強烈なラム圧だったんじゃないかと

想像できますが、

有る時点で、規則により禁止されています、(たぶん、1976年のシーズン途中)

一応、オイラのZZ-R1100の前期モデルは、量産バイクで初のラムエアシステムを採用したらしい、んで、こりが、コレは、なんぞや? 普通の吸気の場合、

0001

ZZ-Rのブタ鼻。

よく見ると、鼻の中に、

鼻毛じゃなくって、

パイプが見える。

(今までの長い前振りは、ココからのことを書きたいがため)

Ram_1

A,B,Cの圧力は、

全て、大気圧で同じなんですね。

それで、

より多くの空気をシリンダー

に入れられるように、

Ram_2ラム圧を求め、

車両の前に吸気ダクトを延ばす。

そうすると、

A>Bとなり、Bの燃料が、

思うように吸い出せない

(速度で圧力が変動し、高速になればなるほど、薄くなるから、特に厄介)

Ram_3 んじゃ、ってことで、

キャブのフロート室にも

ラム圧を導入する。

こんどは、B>Cとなり、

タンクからキャブへ

燃料が落ちなくなる

(油面低下で、これも薄くなる)

Ram_4ラム圧の掛かったフロート室へ、

燃料を圧し込む為に、

重力落下による燃料供給をやめ、

ポンプで燃圧を高め、

(圧力CをC’に高める)フロート室へ

燃料を強制的に送る。やっとこれで、メデタシってわけですね。注、文献を全く読んでいません、私(スクラフィー)がZZ-Rを復活させた際にバラした経験、パイプのルートを見て感じた、勝手な解釈です。間違っていたら、ゴメンナサイ。あ、一応言っておきますけど、インジェクション車はね。ポンプ普通にあります。(ラムエア車じゃなくても)燃料ポンプにより、高い圧力で燃料を送っていまして、インマニの気圧と、フューエルデリバリタンクの圧力の差を一定にするようにプレッシャーレギュレーターで調整して余った燃料は戻しつつ、ニードル式の電磁弁(コレをインジェクターと呼ぶ)で吐出しています。燃料の量は、ニードル弁に印加する電圧ではなく、印加時間で調整しているわけです(過去にはアナログ式に、電圧調整で燃料量を決めていた、いすゞのジェミニなどもありました)

| | コメント (2)

慣熟走行

復活したわけなんだけど、手放しで喜ぶことは出来ないわけです。なんせ、3年寝太郎だったわけですからね。

外から見て、チェーンの劣化や、フォークのオイル漏れは起こっていませんが、劣化が進んだり、硬化したゴム製の部品は、、動かされたり、振動が加わることで、なんらかのトラブルが発生する可能性は高いわけです。ですから、レッカーで運んでも安く済むように、静々と自宅から数キロのところを走り続けるのが、良いんじゃないかと・・・フロントフォークのオイル漏れなら、走行に支障ないですけど、アウトプットシャフト(ドライブスプロケット)のオイルシールとか、漏れる量にもよるけどヤバいことこの上なし。なんて、言ってても、検査のときには、往復50キロほど走行しているっす。()まあ、そんなこんなで、10/3に検査通して、その週の末は、7,8,9と三連休。

こりは、慣熟走行するしかないね。

Imgp1010a七日は、

市内をウロウロ、

GSXの復活の際にも

訪れた、幸浦へ、

Imgp1010b 八日も、

同じように、

市内をウロウロ、

大黒ふ頭や南本牧ふ頭へ

Imgp1010c_1 九日は、

ちょっと足を

伸ばして、

三浦の

宮川公園に

行った。

まあ、はっきり言って、

アクセルを開けるのが怖いっす。(滝汗)

| | コメント (0)

2007/06/18

ヤマハ・ジョグ・ポシェ

ZZRは、無事に復活&車検を通し、社会復帰出来たので、もう一台(実際にはこっちがメインのバイクかも知れない)ヤマハのジョグ・ポシェの話を書きます。購入金額は、39900円。ZZ-Rを復活させる際に、タクトのトラブルの多さがネックになると想像できたので、信頼出来るものを入手したわけです。アチコチ、工具や部品を買いに行くのに、便利だからですね。だから、荷物が一杯積めるようにポシェです。

排気量は、65CCで、黄色ナンバーです。

0000_1

| | コメント (0)

2007/06/16

仮ナンバー&継続検査

10/2、天気予報が雨だったので、予約取り消しして、10/3へ予約し直し

当日の朝、仮ナンバーの申請を行う必要があるため、2ラウンドにしておく。

10/3、区役所で、仮ナンバーの申請、仮ナンバー申請費用\750

0005a

ちなみに、主な走行ルートを報告する必要あります。

(基本的に、一回のみの発行で、期日は数日、地方自治体により5日のところもあれば、三日のと短いとこもある。)

画像を見てもらうと判ると思うのですが、

仮ナンバーはクルマ用しかないのでデカイ

それで、役所のお兄さんにこんな意地悪な質問してみました。

ボクはバイクで申請しているのに、クルマ用しか無いって言うのはどういうこと?、”キチンとこれから税金を納めます”という車両に対し、この待遇はどうよ?

んで、デカイから、一箇所しか留められないよね。ネジが緩んで、落とした場合の責務はどっちが負うの?俺?返せなくなったら、処罰の対象になるの?落として、それが後続車両に当たって、事故になっちゃったら?どうなの?

それなら、落とさないように、リュックの中に納めて言っても良いの?

そこんとこ、どうなの?、

なくしたら処罰。でも取り付けられないような大きさ、でも明示しとけ?

これ、オカシイと思うのが普通だよ。

んじゃ、ガムテープでぐるぐる巻きにすると見えなくなると思うけど、それでもOK?

まあ、お兄さんの上司の方が現れ、、

「リュックに納めて走行してください。オマーリさんに留められた場合には、その旨をお話くだされば、問題ないと思います。」

ということです。(私がそう言われただけですから、日本中どこでもそういうことではないとご理解ください。何かあっても、私に責を求めないでくださいね。(w

ということで、楽しんだ後、一箇所はネジ止め、あとは、ビニールテープでぐるっと巻いて、装着。

自走して、陸運局へ、車検を受けに行く。

仮ナンバーをつけての走行って、初めてだわん!

10/3重量税\5000

10/3検査手数料\1400

10/3書類代\30

車検は、今まで、クルマで6回受けています。 バイクの検査は初めてでしたが、慣れている分、気分は楽でした.ていうか、この年の7月にクルマの車検を通しているし、検査内容も少ないし・・心配なのはヘッドライトの向きだけ。。

えーと、私が受けた川○の陸運局は、バイク用のテスターがありません。

クルマと一緒に並びます(車検はどこでも受けられます)

混んでいる△浜よりも川○のほうが空いてて、良いです。

川○の殿町まで、首都高で行ったんですけど、

なんでしょ?このパワー。どんな回転でもどんなギヤでも、まあ、すっごい加速だこと・・

これが、リッターバイクってやつですね。

内ももに力入れっぱなしで疲れました。

検査は、完全ノーマルですから、簡単なもの。

フレームナンバーの確認。

ヘッド、ポジション、テール、ブレーキ、ターンシグナル等の灯火類のチェック。

ホーンを鳴らして、ホイールハブの緩みをハンマーでコツコツ叩いて外観検査完了。

アップハンに変更していますが、ハンドル幅のチェックは無し。

排気音量も、ノーマルマフラーですから、ノーチェック。

続いて、ローラーの上に前タイヤを乗せ、フロントブレーキのチェック。

(たぶん、ここで、そのまま、スピードメーターのチェックがあるはず)

ちょっと前進して後輪をローラーの上に乗せ、リヤブレーキのチェック。

ヘッドライトハイビームにし、光軸の確認。

光軸がズレているのはご愛嬌。(W

エンジン回転をちょっと上げて、光量不足にならないようにしましょ。

どっち向いているのか検査官に聞いたら、ちょっと下向き過ぎだそうで、

それを修正して、もう一度テスターに並び、合格。

この場合、大きく修正すると、無茶苦茶になりますので、

何回もチャレンジすれば良いのですから、少しずつ修正するようにしましょう。

私は、陸運局近くの予備検なんて受けません。

その日のうちなら、何回受けても大丈夫なシステムですからね。

×だったら、ちょっと調整して、もう一度並べばいいだけです。

その昔、14年ほど前に、初めてユーザー車検を受けたときは、

今のように一般的じゃなかったんで

「なんで素人が来てるんだ?」的な顔で見られましたけど、

今、検査官も人当たりがソフトになりました。

でも、お金を安くするのが目的で、無整備(後整備も認められていますが)で持ち込みすると、結構厳しいことを言われるみたいですよ。(そういう車両を野放しにするのは危険ですからね)メカのことに詳しくなりたいと思いつつ、趣味と実益を兼ねてという姿勢であれば、たぶん、イロイロと教えてくれると思います(検査ラインが暇なら)

ボクの経験では、クルマの検査のときヘッドライトの向きでアウトになったんです。そしたら、使っていない検査ラインに検査官が行ってくれて、ボクだけの為に検査ラインを開いて、そこで、車両の向きを細かく指示して、ヘッドライトの向きを確認してOKを出してくれました。

「おにいさん、クルマを斜めに停車しているから、不合格になっちゃうんだよ!」

って(今のほうが斜めに見えるのは気のせい?テスターがおかしいんじゃないの?と内心思いつつ。。。。)

ということで、初の大型二輪が ドレッドノートとも言うべき、ZZ-R1100

それも3年間のヒッキ―(w

まあ、楽しみつつ、復活にこぎつけました。

総額(車両、復活部品代金、車検等々)¥276,838―

タイヤも替えなきゃ、ブレーキパッドも、ホース類も心配だにゃー

| | コメント (0)

定期点検記録簿

次の日に車検に向け、定期点検(12ヶ月点検)を行ったっす。

該当無し(/)、点検(レ)、分解(○)、交換×

修理(△)、調整(A)、締付(T)、清掃(C)、給油(L)

かじ取り装置

(レ)ハンドルの操作具合

「これ具合悪かったら、乗れないと思う」

(レ)フロントフォークの損傷

「ココでは漏れを言っているわけではない(後で漏れの項目が出てくる)ってことは、曲がっていないか?なにか欠落がないかを確認しろと言う意味か?」

(レ)フロントフォークのステアリングステムの取付状態

「取り付け状態に不具合のあるバイクってのは、いかがなものか?」

(レ)フロントフォークのステアリングステムの軸受け部のがた

「これもさ、ガタ無いだろ?普通」

制御装置

(レ)ブレーキペダルの遊び

「遊びは規定どおりかな?、遊びが大きいのは、早急に直しましょうというか・・怖くて乗れないでしょ?」

(レ)ブレーキレバーの遊び

「これも同じね」

(レ)ブレーキのきき具合

「効きが悪いバイクって・・オイラは乗りたくない」

(レ)ロッド、ケーブル類の緩み、がた、損傷

「てかさ、ブレーキ系統のトラブルは、すぐに直すでしょ?」

(レ)ブレーキホース、パイプの漏れ、損傷、取付状態

「漏れも損傷も・・・ハイドロリックな機構の場合、一発でアウトだよ」

(レ)ブレーキ液の量

「パッドの摩耗度を想像するのに便利だから、足しません。規定量入っていればOKよん」

(レ)マスターシリンダの機能、磨耗、損傷

「だからさ・・損傷してたり、機能が損なわれているのは・・乗れない」

(/)ホイールシリンダの機能、磨耗、損傷

「ドラムブレーキの車両用項目です。」

(レ)ディスクキャリパの機能、磨耗、損傷

「いわずもがな」

(/)ドラムとライニングのすき間

(/)シューの摺動部分、ライニングの磨耗

(/)ドラムの磨耗、損傷

「上記3項、ドラムブレーキの車両用項目です。」

(レ)ディスクとパッドのすき間

「つまりは、引きずりはダメポって意味デス」

(レ)パッドの摩耗

「摩耗をチェックして、限界まで達してたら交換だけど、限界まで使用するつもりなら、ここで交換する必要はない、ただし、忘れると、命を失いかねませんので、そのつもりで」

(レ)ディスクの摩耗、損傷

「指でディスクを触って、偏摩耗(レコードのように)なってるかもよ?、限界度は、サービスマニュアル参照」

走行装置

(A)タイヤの状態

「スリップサインとヒビ割れを見とけ!」ってこと

(レ)ホイールのボルト、ナットの緩み

「緩んだバイクには乗りたくない」

(レ)フロントホイールベアリングのがた

「同上、チェック方法は、サービスマニュアルを参照。ま、手で揺すって変な音が出なきゃOK」

(レ)リヤホイールベアリングのがた

「同上、チェック方法は、サービスマニュアルを参照。ま、手で揺すって変な音が出なきゃOK」

緩衝装置

(レ)サスペンションアームの連結部のがた、アームの損傷

「だから、怖くて乗れないって」

(レ)ショックアブソーバーの損傷、オイルの漏れ

「きっとこれで、フロントフォークのオイル漏れも言っているんだろうね・・・漏れはアウトってことだお」

動力伝達装置

(レ)クラッチレバーの遊び

「規定値をサービスマニュアルで確認してね。」

(レ)クラッチの作用

「クラッチがマトモに動作しないバイクって、乗るの大変だお」

(レ)トランスミッションの油漏れ

「漏れたら、大騒ぎだぜ」

(レ)トランスミッションの油量

「オイル交換は、みんな好きだよね、無意味に短い距離でやってるくらい、サービスマニュアルでサイクルを確認した人ってどのくらい居るんだろうか?」

(/)プロペラシャフト及びドライブシャフトの継手部のがた

「チェーン駆動ですから、ありません」

(C:A:L)チェーンの緩み

「張りを調整して、清掃して、給脂しましょう」

(レ)スプロケットの取り付け状態、磨耗

「セオリーとしては、チェーンとスプロケは同時交換だわな、だから、確認だけしましょう」

電気装置

(×)点火プラグの状態

「交換しても良し、清掃しても良し、イマドキのプラグはミスファイヤしないね、音目当てでマフラー代えて排圧をアホみたいに下げない限りは・・」

(レ)点火時期

「点火時期がキチンと進角しないと、めっちゃパワー無いぞ」

(C:T)バッテリターミナル部の接続状態

「清掃して、増し締めしとけ」

(T)電気配線の接続部の緩み、損傷

「これは、大事だぞ!、まあ、普通は、緩まない」

原動機

(レ)エンジンのかかり具合、異音

「かかり具合が悪かったり、異音が出ちゃってるなら、もうちょっとキチンと整備しようね」

(レ)低速と加速の状態

「これも、同様に整備しようよ!」

(レ)排気の状態

「オイルが燃えて白い排気が出る場合と、クーラントが混入して甘ったるい匂いがしないか確認しましょう」

(×)エアクリーナーエレメントの状態

「掃除してもよし、交換してもよし」

(レ)エンジンオイルの漏れ

「だから、漏れてたら、大変だって」

(レ)燃料漏れ

「火事になっちゃうよ」

(C)燃料装置のリンク機構の状態

「状態が悪いのには乗りたくありません」

(C)スロットルバルブ、チョークバルブの作動

だから、スロットルバルブの作動が悪いバイクって(汗)」

(レ)冷却装置の水漏れ

「問題外」

公害発散防止装置等

(レ)ブローバイガス還元装置の配管の損傷

「シリンダーとピストンの隙間から吹き抜けるガスは大気開放しちゃいけないんですよ。」

(/)二次空気供給装置の機能

「カリフォールニア」

(/)一酸化炭素等発散防止装置の配管の損傷、取り付け状態

「カリフォールニア」

(T)エクゾースト・パイプ、マフラの取り付けの緩み、損傷

「緩んでいると、情けない音になるよ」

(レ)マフラーの機能

「この場合、爆音マフラーは駄目ですよという意味なんだと思う」

(レ)フレームの緩み、損傷

「どうしてこういう項目がいまだに残っているのか、担当者を小一時間・・・」

(レ)シャシ各部の給油脂状態

「定期的にグリスくれとけ!」0005b_1

| | コメント (2)

2007/06/15

ZZ-R1100(D1)、復活作業3

0005

タンク届いての週末。(ここが正念場)

タンク降ろして、タンクの付属品を移植

フューエルゲージ、

フューエルホースがコックまでに4本(何じゃこの数?)

いい気になってたら、ホース一本、粉砕ですorz

近所のバイク用品店にホースを買いに行く。

0003_1 930日ホースバンド\331

930日フューエルホース\614

930日フューエルホース\614

サイズが微妙だったんで、二種類購入。

早めに、ホースは全交換だな・・(汗)

携行缶でガソリンを10リッター買いに行き

24リッタータンクですから、10リッター入れても、

なんだか全然足りないですけど、

始動させるだけだから、大丈夫だよね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10L入れても、フューエルメーター、ピクリともせず・・(大丈夫か?)

とりあえず、チョーク引っ張って

エンジン始動しようか・・・・・・

サービスマニュアルからすると、フューエルポンプは、

エンジン始動、あるいは、スターターを回さないと動かないのよね。

だから、何回か、クランキングしないといけないのかな?

タンクがシートの下まであるから、重力だけじゃ、ポンプまで到達できてないだろな。

まあ、サイホンと一緒で、ある程度まで吸えば、後は落ちそうなヨカーン!

一度のクランキングを2秒と決め、途中で十秒ほどのインターバルを入れよう!

3、4回目のクランキングで、久しぶりの目覚め。

排気管からは、大量の水蒸気・・・まあ、3年寝太郎だから、仕方ないね。

排気量を感じさせる、重低音。イイネ!

そのまま、チョークレバーを調整して2000回転くらいで、回転数維持

水温計の針がちょっと振れたところを見計らって、ブリッピング!

「ドリュ!」って形容したくなるような音。

オイルが古いままだから、高負荷はヤバいかも、

って、そんなにへぼなオイルは、日本国内に出回っているわけ無いんだけどね。

とりあえず、そのままで、

ヘッドライトやスモール、ウインカー、メーターパネルインジケーター、メーター照明、

灯火類のチェック。

ホーンも鳴るし、ブレーキランプもOK。

クラッチ握って、ギヤをシフトしてみる。。とりあえず、良さそう。

水温が上がって、水温計の作動チェックと、冷却の電動ファンの作動まで確認。

電動ファンが回らなかったら、その場で、水道の水をぶっかけて、

冷やすつもりでホース・スタンバイ(W

無事に復活となりました。

とりあえず、検査通さないと、公道は走れませんので、ココまで。

内緒で、テスト走行なんてシテイマセンよ。

930日自賠責保険\20770

近所のバイク屋で、自賠責に加入

陸運局まで自走するためには、仮ナンバーを申請するんですが、

交付条件には、「自賠責に加入していること」ってのがあるんです。

25ヶ月っていう自賠責の金額設定があるのはこのためなのかもしれません。

930日キーホルダー\525

930日カワサキステッカー\367

930日カワサキステッカー\367

930日ニンジャステッカー\893

930日ニンジャステッカー\893

930日タンクパッド\1890

エボニー一色のタンクは、ちょっと地味なので、

タンクにkawasakiのステッカーとNinnjaのステッカーを貼ることにしました。

んで、ついでに、タンクパッドとキーホルダーも購入

あとは、検査を通すだけ!

0004a

| | コメント (0)

2007/06/14

ZZ-R1100(D1)、復活作業2

923日真鍮ブラシ\298

923日豚毛ブラシ\298

923日錆び取りケミカル\522

923日研磨スポンジa\198

923日研磨スポンジb\198

923日研磨スポンジc\198

フロントフォークに軽いサビを見つけました。

ケミカルでどうにかなりそうなレベルなので、シコシコ磨くために購入

924日オイルパックリ\313

924日プラグ\2648

924日エレメント\803

924日オイル\4536(Kawasaki純正)

エンジン始動を確認できたら、すぐに、オイルは交換するつもり。

スパークプラグは、始動前に交換。

キャブを、バラして清掃、清掃する必要が無いほど綺麗。

こりゃ、すぐにイケそうだね。

925日タンク3000

925日同上送料3240

925日同上振込手数料120

D1のエボニー&パルティーグリーンのタンクは、出品無し、

エボニー単色のタンクをやふおくで入手です。

全てが整い、書くと簡単だね。

タイヤはエアを補充して、一週間放置して圧の確認。

クラッチは、フルード補充してみて、しばらく経過を観察したけど、フルードは減らない、なんで減ってたんだろう?

まあ、ついでに、ブレーキ、フルードもついでに交換。

Imgp0988

| | コメント (2)

2007/06/13

ZZ-R1100(D1)、復活作業1

クラッチのフルードがまるで無い、全く無い。

とりあえず、フルードを足して、エア抜きして様子を見る。

NGと判ってから部品を探したんじゃ、復活の時間が延びるだけと思い、

原因を確かめて直すくらいなら、一式交換しちゃえば良いと、

やふおくで落札。

95日クラッチマスター&レリーズ一式\2000

95日同上送料\740

95日同上振込手数料\420

右ハンドルスイッチのスターターボタンが欠損

ヤフオクで探すと、左右セットが見つかった。

欲しいのは右だけなんだが、まあ、価格もそれほど高くないので、落札。

96日左右スイッチ\4800

96日同上送料\1140

96日同上振込手数料\120

エアクリは、経年劣化でボロボロ

99日エアクリ\3049

純正部品を購入

バッテリー:メンテナンスフリーバッテリーは高価なのね・・

海外ブランドは怪しい気がする、国内製品は高い。

まあ、海外ブランドでもちょっとは安心出来るか?と

ACデルコの製品をヤフオクで落札。

9月19日バッテリー\4400

919日同上送料\750

919日同上振込手数料\420

燃料タンクのサビがひどい。

ケミカルで直す場合、20L用のケミカルで足りるのか?

24Lタンクだ!

足りないとか、サビ取りが上手く行かなくて、

何度も、チャレンジすると、結構な額になっちゃいそう。

ヤフオクの出品見るも、エボニー&パールティーグリーンのタンクは、皆無。

0002_1 0004

それは、そうと、タンク降ろして、エアクリボックス外して、

キャブの掃除をしてみた。

これ、綺麗じゃん!

| | コメント (0)

ZZ-R1100(D1)、復活準備

8月31日サービスマニュアル\6773(送料込み)

通販で、ZZ-R1100の日本語サービスマニュアルを購入

(これがないと、話にならないよね)

9月4日ナンバー交付\520

9月4日書類\30

車検切れのバイクですが、陸運局で名義変更しました。

(バイクは、検査切れでも名義変更可能です)

部品を調達する際、車検証で手配するのが普通です。

そのときバイクの名義が私じゃない場合、

アレコレ、証明する必要があると想像できるので、先に名義変更しちゃいました。

9月4日点検記録簿\160

ついでに、復活後の検査を受けるのに定期点検しないとね。。購入です。0002

| | コメント (0)

2007/06/12

ZZ-R1100(D1)の引き取り

8月27日高速料金\700

8月27日車両代金\200000

GSX-にのって友人宅へ

GSXの書類とキー、及び車両を渡して、GSXとはお別れ、

トラックに同乗して、ZZRを拾いに行きました。

GSXとは比較にならない大きさ、重さで、乗せるのも降ろすのも苦労しました。

車検証を見ると、平成15年の5月で切れてますので、

3年寝太郎というか、ヒキコモリだったわけです。

ですが、昨年の夏に、復活を試み、エンジン始動まで言ったけど、検査を受けずに居たとのこと。

タンクのサビ以外には、結構、良いんじゃない?

冷却水は、全く減少していないし、色も緑色のまま。

0001a_3

| | コメント (0)

ZZ-R1100(D1)の入手、その2

前のオーナーより、「タンク内に水が浸入して、サビが発生しているから、程度良くないよ、、復活させるの大変だよ」と言われましたけど

意地あります、こっちにも(w

サビがホース、フィルター、ポンプ、キャブに回っちゃうのが怖いので、

始動確認とかしないでくださいとお願いして、

あと、輸送をどうするかなんですが、

一年前のGSX-R250の輸送の際にお世話になったトラックの持ち主が

スズキのバンディット250を探しているのを知って、

「新しいバイクを見つけたんで、またお願いしたいんです。ただ、金が無いんで、

輸送に掛かる費用の代償として、GSXを譲るってのはどう?」

と、わらしべ長者作戦の発動です。(w

| | コメント (0)

2007/06/11

ZZ-R1100(D1)の入手、その1

同じ会社に勤める、別の支店の社員から購入、

一応、オイラのほうが年上で、社内の等級も上ってことで、

無料ってのも悪いので幾許かのお金を渡すつもり、

しかし、実車を確認もしないで交渉。

っていうか、元々、オイラはZRX-1100だと思っていました。

自動二輪の免許を取得して、「GSX-R250をもらって復活させた」

という話をしてたら、うちにも、要らないバイクがあるんだよ。

その本人、数年前に結婚して、実家に置きっぱなしにしていると

んで、普通二輪だから、大型二輪の免許を取ったら、頂戴ね

なんて、冗談に近い話をしていました。

2006年の6月に大型二輪の免許を取得したんで、

電話して、「本気で譲る気あるの?」

0円とは思っていないけど、こっちの出せる金額を先に言っちゃいます。

てか、知り合いなんで、へんな駆け引きとかって、不要だし、

得しようとか思わないから、その金額で納得できるかどうか、

売主が判断して、縁があるかないか、ってことで考えました。

とりあえず、今自由になる金は、30万あるんだけど、

そのうち復活に要する金額が、車検からなんからで、

10万って予想しているから、

20万しか払えないけど、それでも良いの?

って聞いたら、「どんなんでもよければ、良いよ」

ということで、簡単に交渉締結です。

| | コメント (0)

2007/06/10

ツーリング

過去のバイクの話は、端折ります。

その後は、たいしたトラブルも無く、アチコチ走り回りました。

920

921

箱根、

仙石原

ここは、案外、良い写真ポイントだと思います。

931

ヤビツ峠

行かなきゃ良かったと思うほど狭い道。

しかし、秦野に下りる直前の展望がすばらしい公園があったので、

また行ってみたいと思うようになりました。

941

三浦の

宮川公園

ここも好き!

951

野焼きを終えた仙石原は

状況が一変(泣き)

961

時期と時刻によって

550CC以下は通行できない、

箱根旧街道。

971

息子が通う、

小学校の桜。

981

富士山撮影するなら、パノラマ台。

良い天気でした。

991

ペリー提督が名付けた、条約岬(トリニティーポイント)を

探しに、市内をウロウロ・・

たぶん、ここでしょう(汗) 

992 アメリカ坂で、

このバイクの最後の撮影(2006/6/24)

注、この車両は、容易に個体が判別できるステッカーを貼って居ます。そして、このバイクは、既に友人に譲渡しています、したがって、友人の承諾無しで、ブログ掲載するわけには行かないので、モザイク掛けています。ご了承ください。

この頃、大型二輪の免許を取得しまして、

すぐに、大型二輪の手配(友人ネットワークを駆使)

私の場合、不動車で、放置プレイになって、処分に困っているやつでも構わないというか、

それサイコーなんで・・すぐに・・いや、教習中に、話をまとめました(笑)

って、検査切れて3年、1年前にエンジン始動の確認が取れてるけど、雨の浸入でタンクがサビている「kawasaki・ZZ-R1100」のオーナーと契約締結です。

| | コメント (0)

GSX-R250×

スズキのフラッグシップと言えば、ハヤブサ

発売当時は、GSX-1300R隼だったはず、

モデルチェンジを経て、「スズキ、ハヤブサ1300」だったかな?

なにやら、呼称は変更されたようですが・・・・

オイラのは、GSX-R250で、、、

社内での呼称は、GSX-250R

1300がハヤブサなら、250は何?

910

てなわけで、

友人に頼んで

ステッカーを

製作してもらいました。

911

912

スズキGSX-R250× 

×は、

鳥の名称、漢字一文字が入ります。

(容易に個体が判別できるステッカー:このバイクは、友人に譲渡していますので、友人の承諾無しで、ブログ掲載するわけには行かないので、モザイク掛けています。)

| | コメント (0)

2007/06/09

ツーリング・・・・

890

何かの本で、まだ、お台場の名残を見ることが

出来ると書いてあった

ので、見に行った。

第三台場は、地続きで、歩いて行ける。

第六台場は、孤島になってて、野鳥の楽園になっているそうな、

その次は、900

日中に箱根に行ってみた。

海賊船(観光船)が稼動中。

富士山を見ると901

写真に収めたくなるのは、

どうしてなんだろ?

| | コメント (0)

2007/06/08

東京湾一周

この計画を思いついたのは、ネットでツーリングネタを見ていてなんです。

バイクといったら、“ワインディング”ってのが短絡的な考えなわけですが、

ワインディングって、やっぱ、山道になるから、標高が高い。

この時期は、真冬で、標高が高いところは、降雪や凍結が予想されるし、

と、年明けに行った房総、標高の低い海岸線も、いろいろとワインディングになっているし、

で、フェリーは好きだし・・暖かいし・・・・

その昔、クルマで、チャレンジしようとして、、途中でなぜかバカらしくなって、引き返したルート

横浜から東京、千葉をまわって、金谷まで行き、そこからフェリーで久里浜へ渡り、横須賀から横浜まで戻る。

東京湾一周、ツーリングに出掛けてみた。

国道15号線を北上し、大森まで、

大森から東京湾第二航路トンネルを抜け、お台場付近へ、

葛西付近のコンビニで、肉まんを食し、缶コーヒーを飲む。

国道359号線を東に向かい、千葉方面へ、

国道14号線と合流する付近でちょっとした渋滞するが、たいしたタイムロスにはならず。

蘇我のガソリンスタンドで給油しつつ、二度目の休憩。やっぱ寒い、缶コーヒーを飲む。

国道16号をアクアラインに向け走る、アクアラインの根元で、海上を突き進むアクアラインを背景にバイクの写真を撮影したいのだ。

袖ヶ浦駅の標識をみて、とりあえず、向かってみる。

あとは、遠くに見える海岸線と、アクララインの両方の位置関係から、勝手に、突き進む。

って、思った以上に、狭い道で、途中砂利道も・・・って、これは、迷っているという表現が正しい(w

880 そんなこんなで、

苦労しつつ、

アクアラインの近くで、

写真撮影。

アクアラインの近くのコンビニで、缶コーヒーと肉まんを食らう。

そこからは、富津岬を目指して走る。木更津で、自衛隊駐屯地の横を抜け

R16に戻る。このあたりのR16と、それより海沿いを走る産業道路?はとっても快適。

881 富津岬の展望台にも登ってみた、

第二か第一

か判らないけど、

海堡が案外近くに見えた。

海堡は、数年前まで、横浜の八景島近くから、観光船が出ていたはずだが、今では、立ち入り禁止らしい。

その昔、首都防衛のために、東京湾内につくられた、砲台の跡地である。

富津岬から、こんなに近くに見えて、この時点で、立ち入り禁止というのは、なんとも、恨めしい限りである。

富津岬を後にして、金谷のフェリー乗り場を目指す。

のーんびり、ゆったり走るのには、交通量も少ないし、最高。

フェリー乗り場で出発までの待ち時間、ちょっと休憩、防寒仕様の服装だと、暖房の効いた建物の中は、暑い。

外にある灰皿の近くで、缶コーヒーを飲みながら、時間が過ぎるのを待つ。

料金は、金谷―久里浜、当時は、1280円だったかな?(現在は、料金改定され1540円)

船内も、暖房のおかげで暑い、デッキに出て、風が心地よい。

(普通の服装では寒いと思うけど、ライディングジャケットなら、ちょうど良いくらい)

30分余り(時刻表では35分)で久里浜へ、

フェリーから降りるときって、なぜに、皆さん、先を争って出て行くのか・・

それを横目にみながら、のんびりとヘルメットとグローブをする。

てか、こんな時期にバイクでフェリーに乗っているのは、この便では、私ともう一台、それと自転車に乗るお兄さん。

フェリー乗船って、二輪車は、揺れてもコケないように、壁に沿わせるように配置しますので、

クルマとは違い、台数に制限があります(久里浜―金谷の東京湾フェリーの場合、二輪車は、18台まで)

まあ、そんなこんなで、

久里浜上陸、

ペリーさんの記念碑の前で

パチリ。

あとは、知ってる道

(地元だからね)

R134-R16を通り、横浜の自宅まで

朝の7時に自宅を出発し、自宅に戻ったのが、夕方の4時過ぎ。

9時間以上の時間を要し、総距離200キロののんびりツーリングを完了しました。

缶コーヒー4本×120=480円

肉まん2ケ×105=210円

フェリー料金(ライダー一人含む)、1280円

ガソリン代、走行距離200キロ、平均燃費20として、10L×125=1250円

合計、3220円でした。

てか、もうちょっと贅沢しろよ、自分(w

自己紹介もなにもしていないブログですが、

自分は、40過ぎのオヤジで、

家庭もありますし、子供も3人居ます。

バイクに乗り始めたことで、久しぶりに

「一人きりの時間過ごす」という贅沢を思い出したわけです。

だから、ツーリングというか、会社も家族も忘れ、一人を楽しむのが、

私のバイクライフなのかもしれないと、気づき始めたのが、この頃。

882

| | コメント (0)

2007/06/07

川越&宮が瀬

860 R16をのんびり走って、埼玉は川越、時の鐘に行きました。

デカすぎて、バイク、小さくなっちゃいました。

古い蔵が立ち並ぶ街並と菓子屋横丁も行きましたけど、

なにやら、日本一長い、麩菓子は、バイクでは運べず、断念(W

チェーンを交換したことで、とっても快適、

870 その次の週は、神奈川の水瓶、宮ケ瀬ダムへ、

ここは、自宅からも近いし、路面状態も(たぶん、新しい道路なんでしょう)サイコー。

片道1時間も要さずに到着出来るので、なにやらホームコースになりそうな予感。

フルカウルにした理由は、後ほど・・

宮が瀬の画像では、カウルが装着されています、

やふおくで3000円にて落札。

| | コメント (0)

2007/06/06

コケの後

コケたのが、11/2で、右手の親指も痛め、一ヵ月ほどバイクには乗れず・・

というか、右手が使えないので、復活のための部品交換も行えず、

12月に入って部品を集め始め、12月の半ばになって、右手と相談しつつ、部品交換を完了し、復活なったわけです、

ただ、右手に関して、握力の低下は著しく、10月はバイクのリハビリでしたが、今度は、私の身体のリハビリをすることになりました(w

と、復活の際に、大いに負担をこうむった、バッテリーも寒さと不動により死亡(W、またもや散財したわけです。

そんなこんなで、近所をウロウロすることからはじめ、

820

年が明けて、久里浜のフェリー乗り場へ・・・

クルマとちがい、バイクって、安いのね・・と、

寒いこともあって、暖を求め、南房総へ、

でも寒かった。

830

その後は、バイク雑誌で見かけた、

古い街並みを見てみたく、千葉の佐原へ、

横浜から、ずーっと下道で、往復しました。

その帰り道、チェーンの音が気になるようになったので、チェーンの交換と、

840前から、

心配だった、

キャブの

サクションカップも

交換しました。

843

タンクはずして、

サクションカップの

交換は、

超簡単。

(w

842年月を経た

プラスチックですから、

力任せは

禁物です(w

こいつは、

841古いスズキ車独特の、

2バレ×2で、

サクションカップは

二個で

四気筒分になります。

850

チェーン交換は、

メンテスタンドが

あると

とっても便利。

851 デイトナ製の

チェーンカッター&カシメ

をする工具を

買いました。

6000円近くしたかな?

852

工具代金と交換工賃

を比較すれば、

どっちが高いか?

工賃のほうが安いと思いますが、

そこを自分で交換することに価値があるわけですよ。

「工賃のほうが安い」・・853正しい判断であることに異論はありません。

ただ、チェーン交換の経験を得ることが出来るのは、

金額じゃないっしょ?

経験したことが無いので

経験したいと思ったので、

工具を買いました。

説明書の通りに

854

作業を進めれば、

なんの問題も無いっすよ。

| | コメント (0)

2007/06/05

好事魔多し

乗り出して、一ヶ月余りで、コケました。orz

右前を走るクルマが急に車線変更。

避けるために、急ブレーキを掛け、握りコケです。

800_1

ジェネレータカバー削って、

オイルが

ドボドボ。

801

クラッチレバーは

ポッキン!と

折れました

803

シフトペダルも、

曲がって・・

修正を試みましたけど、駄目っす。

802

とうぜん、ステップの

ブラケットが曲がり・・

無理矢理、治そうとしたら、

折れました(w

804

一番の痛手は、

フライホイールの

磁石が割れて・・(

807

フライホイールを外すのは、

フライホイールプラーさえあれば、

なんでも無く、外れます。

805

フライホイールプラー

が無いなら、

たぶん無理っす。

購入するか、バイク屋に頼むか・・・

806

フライホイールの裏には、

セルフスターターのワンウェイクラッチがありますので、

それを移植するです。

はーい、

あとは、

元通りに戻すだけです。

コケテ、修理の為の部品代が・・5万円也(号泣)

| | コメント (0)

2007/06/03

GSX-R250 復活後

復活を終えたわけですが、手放しでOKとは思えない。

500_2         

何年も、眠ってたバイクだと思うので、

久しぶりに熱に晒され、振動を受け、トラブルを発生することが考えられますので、

しばらく様子を見ながら、少しずつ距離を延ばしていこうと思います。

まずは、市内をうろうろ、 その後、宮川公園の風車まで(ここですと、往復100キロくらいになります。)

3週目くらいの頃、市内をウロウロしての帰り道に、突然のアフターファイヤー

1発死にました。

アイドリングを高めにして、ストール防止しつつ、静々と帰ってきました。

504

エキゾーストを触ると、

2番に火が付いていない。

直接触ると熱いよ・・(W

指にツバつけて、触ると、火が付いているとこは、ジュ!って言うけど、

火が付いていないとこは、ジュ!って言わないので、判るっす。

プラグを開けてみると、スパークしていません。

こうなると、順番に交換していくのが、簡単。

最初に交換した、イグニッションコイル(復活の際にオークションで落札していました)を交換して治りました。

そんなこんなで、不具合もたいしたことなく。結構信頼できる状態になってきまして。

(自分で頭使って、原因を考え、交換しているんで、少しづつ安心が増えていくわけです)

新車で買って全部バイク屋任せより、自分で全部やっているから、覚悟も出来ているし、実は、あそこヤバそうってのが、有る程度わかってるつもり、今の時点で、

キャブのダイヤフラム?(サクションカップ)のゴムの劣化、

チョークのプランジャーの動きが渋い。

バッテリーの容量と発電能力(15A)からすると、ヘッドライトの常時点灯は、結構厳しいというか、信号待ちとかの場合、消しておいたほうが良い。

キャブのフロート弁も、安心できる状態ではないから、オーバーフローに注意。

まあ、そういう心配を抱えつつ、

600_1 標高が高いトコはどうなんだろうと

箱根に上ってみました。

問題なし、

その後、千葉の幕張に行って・・・ベイブリッジやツバサ橋の繋ぎ目ってのは、結構怖いのね・・・

その帰り道に、水温がちょっと上がり気味、

それと、回転数と、速度がズレる感じもある。

んじゃ、、、、クラッチ換えてみっぺ!

701

オイル抜いて、

クラッチカバーを

剥がす。

700_1

剥がしたところに残ったガスケットは

スクレーパーで綺麗にしましょう。

ちゃんとやらないと、オイル漏れるよ。

702

クラッチのプレートを外して、

新しいのと交換。

簡単ですね。

703

クルマのクラッチ交換の手間を100とすれば、

バイクのクラッチ交換の手間は、1くらいです。(W

てか、部品注文して、入荷した日の夜に

30分くらいで交換できました。

503しかし、

この爆音だけは

どーにかならんものかと、

サイレンサーを良く見れば。。

溶接した跡が・・・

502 サイレンサーは

芯が抜かれている

状態でしたorz

とりあえず、

グラスウールを買ってきて、

501 サイレンサーの外に

追加して縛っておきましたけど、

思ったよりも、

音は小さくならず・・・

女房に怒られるし、近所の人には白い目で見られるし・・・どしよかな?

| | コメント (0)

2007/06/02

GSX-R250 そのⅢ

そんなこんなで、燃料コックの入荷待ちとなりまして、

始動確認も出来ているし、平日に一日休んで、陸運局に名義変更に行きました。

軽自動車協会で、適当に殴り書きしてたら、その紙がそのまま

登録証になるとは・・・orz

もうちょっと真面目に書いておくんだった。

ナンバープレートに封印が無いので、車両の持ち込みしなくて良いの!、

先走りして、登録しちゃいました。(自賠責保険は、2年入りました)

登録した週の末に、燃料コックが入荷しまして、

燃料コックを交換し、始動確認、

チョークを引いても、引かなくても、始動性は最悪。

まあ、このエンジンは始動性が悪いという評判通り。(w

でもまあ、始動確認を済ませた後

原チャリで、バイク用品店に行って、交換用のオイルとオイルエレメントを購入、

エアクリのフィルターも交換。

410

割れているフロントウインカーも、

レンズと電球を買ってきて、

カウルにドリルで穴開けて設置。

412 エレメントの交換で・・・・

こいつは・・・・

エキゾーストを外さないと、

エレメントを交換出来ないの???なんじゃい?

411 ホーンも

無かったので、

とりつけました

それらを交換して、走るのに支障が無いような状態に成ったところで、

エンジンをかけたまま、放置、、

冷却の電動ファンが作動するか、自宅前で確認・・・

電動ファンの作動はOK、しかし、水温計の針が動かない。orz

試走を兼ねて、さっきのバイク用品店まで走る。

ヒビだらけの前輪のタイヤを交換、タンクバックもウエストバックも購入。

アレアレ金かかるわね。

デイトナのデジタルテンプメーターも購入(号泣)

一旦自宅の戻り、デジタルテンプメーターを取り付け、港へ向かう。

300

エキゾーストの

サビが情けないけど、

タダで貰ったバイクだから、

贅沢言っちゃイケマセン

400

デジタルテンプメーターは、

水温計のとこに両面テープでぺタ

しかし、87年だから、18年前(コレは2005年の話)

それで、1万5千㌔ってのは、、、メーター交換してるのかな?

| | コメント (0)

GSX-R250、そのⅡ

エンジンが始動しない。GSX-R250

200

実は、自分として、始めて乗る自動二輪がこのGSX-R250なわけで、

最初の一台が、不動車ってのは、どうよ?

譲ってくれた人って、誰でも譲るってわけじゃなく、この人なら、「立派に復活させて乗ってくれるだろう」と認められることが必要なんです(きっと)、無料で譲ったとしても、「駄目だから、捨てた」なんて報告されたら、ガッカリしちゃうモンね。だから、こっちとしても意地になっての復活作業ですよ。クルマの整備は、普通に出来るし、どーにかなるでしょ?って思ってました。(クルマの整備:車検はずーっと自分でユーザー車検、過去にミッションを降ろしたこと有るくらい)とりあえず、やふおくでこの車両のマニュアルを落札。同じように、バッテリーも落札。ハーネス一式(イグナイターや、イグニッションコイルを含む)も落札。バッテリーが届いたところで、とりあえず、始動を試みるも、始動せず。燃料タンクを外して、キャブレターの清掃。ジェットは詰まっていない。燃料は、とりあえず、古いのを捨て、新しいのを買ってくる(レギュラー5L)

セルを回して・・・エンジン掛からない・・・・・・・・・OTL

チョーク引っ張ったり、ダメポ!orz

キャブの口を手で塞ぐハンドチョークで、もう一回!

ぐぼぼぼおーーー!火入りました。

やったばい!

しかし、その後・・・

セルすら回らなくなって、

おっしゃー、押し掛けだあ!!!

タイヤがロックして、クラッチ握らないと動かない

あれ?なんだ?クランクロック?

アレコレバラして確認して、

それでも判らない!

もうだめ、バッテリーを充電して、また明日と

諦めかけた時・・、オイルの量が増えてることに気付いた。

(オイルの量は、覗き窓でね)

あ!!!!

オーバーフロー!で燃料がシリンダーに流れ込んでる!

キャブ?、いや、燃料コックだ

燃料コックの作動は、

RES-ON-PRIの意味は、

RES:リザーブ(予備)

ON:負圧式でエンジン始動の際に自動的の開く

PRI:強制開(キャブレターのメンテ時などで、フロート室が空のときに供給するモード)

PRIにすると、負圧ホースに燃料が出てきてる・・それが、2と3番に滴り落ちて、

あれ?こいつか?コックが死んでる。OTL

近所のバイク屋に新品の負圧コックを注文しに行って、その日は終了。

しかし・・・こいつのマフラー・・・爆音だぞorz

| | コメント (0)

2007/06/01

’87 GSX-R250

タクトを黄色ナンバーにしたので、当初の目的(原付二種に乗る)は一応・・・達成してたわけですが、やっぱ、乗りたいわけで、、どっかに腐ったバイク、落ちてませんか?と友人に声かけておきました。ただ、何時になるか判らないので、中古バイクを置いてある店をアチコチ・・・kawasakiのKSR110がちょっと欲しくなったり、そんなとき、電話がかかってきました。大分古い、GSXの250で、エンジンも掛かりません。書類は揃っているので、”スクラフィー”さんなら、たぶん、復活させられると思いますよ。

0000

それで、引っ張ってきたのが、この

1987年式のスズキ、GSX-R250

| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »